手放して初めて気づく想い

小樽運河 2018年1月
CONTAX Aria
CarlZeiss Planar50mm/F1.4

今週はお空が荒れ模様・・などという情報を入手していましたが
昨日は日差しがこぼれて穏やかでした
今日はお休みなのでゆっくり過ごしています

・・にしても
冷えます

職場は換気のため常に窓を開けていますので
昨日はブルブル震えていました
明日は更に重ね着必要そう


一度は手放したフィルムカメラがありました
CONTAX Ariaの光と空気感をとらえる雰囲気が大好きだったのに
どうして手放しちゃったの?私・・
なんて思っていたんです

強いて言えば
頑丈さと実用性を優先した結果でした
けれど
感覚で生きる私には
“雰囲気”は必要不可欠だったのですよね
手放して初めて気づく想いです・・

ところが

今は中古しかなく
人気があって入手困難にも関わらず
新年早々出会ってしまったっ!

いつもどこかに引っ掛かっていたんです・・
何気無く検索してしまった!
睡魔に襲われていた中の目覚めた一瞬に
(もしかして寝ぼけていたのかしら笑)

それは
あらゆる点から私を納得させる奇跡的な状態のもの
なのにお安く購入出来ちゃった・・☆

現物を手にしてみると
ファインダー内の視界はクリアで良好
本体に大きな傷も無くスレ程度
そして実は以前の個体って
まさかまさかの故障していたことが判明・・嘘でしょ?(本当です)
こちらのこの状態が完動品だったのね!

以前にも増して楽しめるような完動品が
後々手元に届くためには
一年半前に手放す必要があったのですね
確かに・・
有るなら必要ありませんでしたもの

このままキープ出来るように大切にしよう!と
ココロに誓いました

本体のラバー部分が劣化しやすいので
エバレディケースをフルオーダー予定
素晴らしい志しの職人さんに巡り会いましたし
末永く愛用したいので妥協はしません^^
製作者目線が消えないので事細かくてゴメンナサイ・・なのですが
只今サンプル素材が到着するのを待っているところです

小樽堺町通り「くぼ家」2018年1月
CONTAX Aria
CarlZeiss Planar50mm/F1.4


来週と再来週の数日
ヘルプ勤務の要請があって
勤務先以外へ出勤することになりました

居住地域ではありますが若干不便
雪が無ければ自転車でひとっ飛びなのですけど・・
そちらはさて置き
初めて出会う子ども達に
今からワクワクしています

組織であっても
その地域や勤務地の「色」というのが其々あることを
以前職場の先輩から聞いていました
私にとっては娘達の子ども時代を知る良い機会でもあります
世代はちょっぴり違いますが
地域の子ども達に触れられる
こんな機会に恵まれたことがとっても嬉しい