この星に生きる役割(シダーウッド アトラス)

10年程前でしょうか
シダーウッドというエッセンシャルオイルに出会いました

森林浴が大好きなので
深い森に拡がる甘い香りに惹かれたのは
必然でした


嗅覚からの情報は
脳へスピーディーに
ダイレクトに伝わりますが

香りは人によって感じ方が違うので
好き嫌いがあります

同じ香りを嗅いでも
その日その時の気分や体調によっては
受け入れられたり
受け入れられなかったりする場合があります

エッセンシャルオイルには
心身への作用がありますから
とてもわかりやすく

「今」の自分を感じられるんです

ところで
瞑想ではグラウンディングを意識する時
過剰なエネルギーやネガティブなエネルギーを
大地へ流すイメージをしますが

グラウンディングに対して
ずっと抵抗を感じていた自分が在りました

「地球にネガティブなエネルギーを流すなんて!」
「出来る訳がない!」
「地球がかわいそうだよ・・」
などと思っていたのですよ
どこから目線だったのでしょ笑

実は
至って真剣でした^^

木々や草花のように地球に根付いて生きている感覚が
私にはありませんでした

「なぜ私はここに生きているの?」
と真剣に思っていた程です

これは
自分の「声」に気づく必要があるという
地球という星からのメッセージでした

地球に対する感情は
自分を映す鏡だったんですね

無理をして頑張っていた頃の自分です・・


「地球」は母性です
女性性であり
受容です

人間を含む生きとし生けるものの
痛みや悲しみ
苦しみを受け容れては
温かく包み込み
癒してくれます
そして
光を見いだす希望を齎らしてくれます

私たちは奇跡的に生かされているんですね
日常では意識することさえありません
それ程に
守られています

そんな地球の在り方は
今を生きる私たちには
とても必要です

『誰よりも何よりも「自分」』

一見すると
自分勝手な響きに聞こえるかもしれませんが

外側に求めるのではなくて

何よりも
自分が自分を求め
受け容れることが大切です

与えられた傷を受け止め
傷口の「声」をしっかりと感じて
抱きしめてあげてください
温もりを与え
癒してあげてください

ありのままの「自分」を受け容れることは
簡単なことではないと私は感じています
「こんなに醜い私。見たくもない。直視出来ない。」
それが本音ですもの・・

本音と言う小さな「声」に耳を塞いでしまうのは
頑張っているからです
頑張り過ぎてしまったんです

頑張らなくてもよいのですよ^^

唯一のあなたが「自分」の味方になってあげてください


肩の力を抜いて「軽やかに生きる」というのは
心地好いことです
「自分」がしっかりと地に足を着けているからこそ
好奇心のままにどんなに遠くへ飛んで行っても
いつでも「自分」に戻れます

戻れる場所
還る居場所が在るからこそ
自由で在れるのですね

自由で在れるのは
信じているからです

シダーウッドは
深いふかい呼吸と共に
手放し
吸収
循環を促し
グラウンディングをサポートする
心強い味方

地球に生きる役割を思い出させてくれた
私には愛してやまない香りです

「グラウンディングが弱いな。」
「地に足を着けて生きている感じがしない。」
そう感じられる方は
『シダーウッド アトラス』の香りがおすすめです

もちろん
その時の気持ちや体調を考慮してください
無理せずにです^^