魂が真実に触れると涙がこぼれる

季節の中で
春が大好きです

お日さまの香りとか
土や植物の香りとか
と言うか・・香りフェチでしょ笑

春生まれではありませんが
名前の一部に「はる」がついており
春生まれではないからこそ
「春」という漢字を控えたのでしょうか?・・
何故だか最もらしい由来は曖昧に濁されています
・・濁す必要あるかしら笑

子どもの頃
自分の名前を書くとき
敢えて「春」の字を使っていました

小学校に入学したての頃
買ってもらったばかりの筆箱に
油性ペンで「春」の字を書いたのは
簡単に消えないことを知っていたから・・
何とまあ大胆なっ

「あなたの名前はこの字を使わないのよ。」
そう諭されても
教科書や答案用紙にも書き続けましたが
拘り続けた理由は
当の本人にも分かりません笑

拘りはたくさんあった子でしたが
何がなんでも信じ続けたことがありました

まだ小学校に上がる前
物心ついた頃です
「私は双子なんだ。」
そう信じて疑わず相棒を探していたことです

生き別れの双子のきょうだいがいた訳ではありませんよ^^;
“知っている”という感覚を信じていました

探しても探しても何処にも居なくて
仕方がないので
妹を双子に仕立ててみましたが
「偽物だ。」と諦めるんです
それでも諦めきれなくて
何度も妹に身代わりになってもらいましたが・・
妹にしてみれば迷惑な話ですね笑

お隣に住んでいた幼馴染の女の子にも
双子になってもらいました
幼馴染はこの「ごっこ遊び」が気に入っていた様子でしたが
私は「ごっこ」ではありませんでしたから正直しっくり来ず
誘っておきながら「まだ妹の方がいい。」と思っちゃったりして
ほんと失礼な私で「ごめんなさい」ですよね汗

究極は
地面を歩く虫を見つけて双子にしたことです
てんとう虫に遭遇した日は
いつにも増して胸が高鳴りました
手に握りしめてブランコにも乗りました
当時は建物が低く虹がよく見えたんですが
「相棒」を握りしめて虹を追いかけたこともあります

弱っていく虫に気づいて
草むらに逃がすことにしましたが
「やっぱり違った。」
と悲しくなったことを覚えています

幼いとき程
魂の記憶は鮮明です
「約束」を忘れてはいませんでした

約束通り
会えると信じていました

なのに
何処にも居ない

だから探したんです

純粋に
会いたいから
会えるのを楽しみにしていたんです

けれど
成長と共に
たくさんの情報に上書きされ
すっかり埋もれてしまって
双子の相棒探しを忘れてしまいました

……………………………………………………………………

ところで

私は虫が大の苦手で

あの頃よくぞ
虫を握りしめて遊べたなあと
思い出してもバクバクしちゃいます汗

「相棒のせいで虫嫌いになったのよっ!」
とは言いませんが笑

子どもは純粋ですが
残酷でもあります
これって罪悪感かもしれません

真実に繋がる
大切な記憶

私は
覚えていたんですね

そして
これを綴りながら
涙がこぼれてしまいそうなのです

点と点が結ばれて
魂が喜んでいる涙だということを
知っています