極限の向こうに在る光に手を伸ばす

どれくらい以来でしょうか・・
体調不良でダウンしていました

若い頃とは違って
身体に堪えますね

普段職場で小学生と走り回っているとは言え
身体は正直です^^;

今週いっぱい
おやすみをいただきました


子どもの頃から
風邪を引いても
転んで膝小僧を擦りむいても
母に叱られました

「風邪をひいちゃいけないんだ。」
「走って転んで、怪我なんかしちゃ駄目なんだ。」

「苦しくても痛くても、我慢しなくちゃ。」

子どもは

だって我慢しなくちゃ“嫌われてしまう”
だって我慢しなくちゃ“愛してもらえない”
そう捉えてしまうんです

なんとまあ極端な!と思いますが

子どもにはグレーゾーンがありません
「0」か「100」なのです

「1」から「99」は
成長の過程で
経験を通して学んでゆきます

その学びに寄り添うのは
子どもにとって1番近くに存在する大人です


私の母は
どうして風邪をひいたら怒るのか
どうして怪我をしたら怒るのか
“どうして”の気持ちを伝えませんでした
いつも一方的な感情をぶつけていました

私は三姉妹ですが
母にとって毎日の育児は大変だったと想像出来ます

人には感情がありますから
その日その時の気分によって受け止め方にも変化があります

泣いている我が子を見たくなかったのかもしれません
これ以上手を焼かせないで!という気持ちがあったのかもしれません
仕事をしていましたから
時間にも余裕がなかったのかもしれません

これまでの家族の在り方を思い返してみれば
さまざまな想像が出来ます

それらは
自分にとっての「1」から「99」である
グレーゾーンを経験した「今だから」想像できるのです

大人になった私は理解が出来ても
子どもの頃の私は
極端に偏る“愛されていない”を信じて
「未だそこに在り続ける」のですね

これが「インナーチャイルド」という存在です

39度前後の高熱は
それはもう辛くて^^;
「私は大丈夫よ!」だなんて
家族に心配かけない余裕はひとつもありませんでした
ウーウー唸りながらベッドに潜り込むなんて経験は初めてだったんです

その辛さの向こう側には光がありました

意識が朦朧とする最中

『苦しくても「苦しい。」って言えなかったよ』…とか
『痛いのに「痛い。」って言えなかったよ』…とか
子どもの頃の不安な声が
お腹の奥のほうから響いてきたんです

苦しみと痛みから逃げ出したいのに
現実では乗り越えるしかない極限の精神力によって
耳を傾けてあげられたのかもしれません

それじゃ思う存分
「苦しい」も「痛い」もいっぱい言ってやる!
そんな気持ちでした
実際夜通し言ってました笑

自分の側に居てあげられた
与えることが出来たことに
未完了の感情を抱えたままの子どもの自分と
そして大人になった自分が
ようやく安心出来たんです
ようやく折り合いをつけてひとつになりました

苦しかったら「苦しいよ!」って言ってもいい
痛いなら「めっちゃ痛いんですけど!」って言ってもいい

唯一の自分が聞いてあげられなくて
誰が耳を傾けると言うの?


てんこ盛りじゃん!と言うくらい
私はインナーチャイルドを抱えています
手放したものも在れば
未だとらわれているものも在ります

インナーチャイルドは
何パターンも在り
しかも重複していることが多いです

自らインナーチャイルドセラピーによって
私は重複していることを認識しているのですが

認識しているとは言え
自分自身が受け入れ認めてあげるまでは
自分に影響を与え続けることになります

受け入れようとしても
思い癖というのがありますから
簡単ではないのかもしれません

これ
誰のせいでもないのですね^^
良いも悪いもありません

気づいた自分が
ただただ受け止めるんです
終わらせるんです


ところで
発熱当初
解熱作用に期待出来るユーカリを試しましたが

今日の今日まで
小瓶が枕元に放置状態

香りが受け入れられませんでした^^;

こもった熱は「怒り」の感情だったのでしょうね
出し切る必要がありました

浄化作用だったんですね

いちばんの理解者

最近なのですけれど
子どもの頃からの持病というのが発覚しました

子どもにとって
この症状を周りの大人に説明するのは難しく
伝わりづらいそうで・・

私の場合は小学校に上がる前から症状はありましたが
確かに伝わらなかったのですよね^^;
辛さを表現もしていましたが・・叱られました泣

幸か不幸か
何の情報も持たない子どもの頃から
辛さを楽にする方法を見つけていたのですよね
正確には
叱られない方法・・だったかもしれませんが・・
なので当の私本人も
病気だなんて思いもしなかったんです

本当に・・幸か不幸か

心が成長するに連れて
これは体質なのだなあ・・と解釈するようになり
大雑把に捉えていたのです

そんなワケで私たち(?)
自覚した幼少期からウン十年
至って良好なおつきあいを継続していたのですけれど笑
次第に症状が強くなってきたことにより
眠りの質を落とすような状況が重なって
睡眠障害が出てきたのです

睡眠は私にとって
優先順位第1位ですから
それはもう一大事です!
眠れないだなんて大きなサインですよね!
警笛鳴らされっぱなしだったわけです

この段階でようやく病だということを知り
遺伝的な要素が強いこともわかりました

薬物療法は最後の砦となるらしく
薬の副作用は更に強い症状となってしまう場合があるのだそう

娘たちにはサクッと要点をまとめて
協力してもらえるように伝えました
そして遺伝する可能性があることも・・です
若い人はどんどん調べちゃうんですよね^^;

結果としてデータ化したものを見せる方が効果的な夫には
それらを確認してもらいました

実は症状が強くなったキッカケに
夫の生活リズムが関与していたんです

理解して欲しいと切に願うのならば
その人に合ったツールをコミュニケーションに取り入れるのは
大事ですものね

真剣に聞いているのか
それとも聞き流しているのか
相手の感情がわかってしまうんですが


(コレ・・羨ましいと言われることがありますが
本人は傷つくことが多いのですよ^^;
切り替えられる図太さを身につける日々の訓練が必須です笑)


夫は比較的後者の方でして・・
データを準備するなど少々手間が掛かって面倒ではあったのですが
どのような状態なのかは知ってもらえたようです

ところで
病名はありますが
病気だなんてピンと来ません

私の場合は幼少期からずっと感覚としてありましたので
たぶん自分の一部になっていたのでしょうね
例えば近視とか癖毛とか・・みたいな

日常生活は普通に送れますし
仕事では子ども達と走り回っています
叶えたい夢も追い掛けています

それでもすごく辛い日はあって
「どうして私に気づいてくれなかったの⁉︎」
という両親に対する子どもの頃の私の叫び声を聞くんです

そして寄り添って欲しかったその悲しみを圧し殺した分
症状の辛さが気づきをもたらすのです

手放しても手放しても
未だあることに気づけたのは
大きな収穫
一体「何カ年計画」?笑

今いちばんの理解者は「大人になった自分」ですから
子どもの頃の私の悲しみを昇華するのも自分の役割です^^

いつでも「今」この瞬間が原点

最近子ども達に「これ読んで。」とお願いされて、絵本の読み聞かせする機会が多いのです。

どんどん惹き込まれてゆく真剣な表情。キラキラした瞳がすごく可愛い。


コンプレックス

実は、子どもの頃から〝声〟に大きなコンプレックスを抱えていました。ハスキーでしたから、顔が見えない電話口だと男の子に間違われることが度々あったのです。それはもう子ども心に傷ついていました。

ところが。ハスキーだと信じて疑うことがなかった声ですが、そうではなかった事実を後々知ることになります。

確かに子どもの頃は低くてハスキーだったのですよ。以前にもお話した「親との関係性」→「泣く」→「声が潰れるほど泣く」→「かすれてしまった」。これを繰り返していたので、「一向に治らない」→「思うように発声出来ない」というループにハマっていた訳です。

声を男の子に間違えられたことに傷つき〝女の子〟という存在を否定されたと思い込んでいたので、人前で話すことへの苦手意識に繋がっていたのですね。

〝声〟に留まらず、成長と共に、女の子として私は駄目なんだ・・という感情をどこかで抱いていたことを、更に更に、ずっと後になってから気づくことになります。

〝女性〟という性を受けて生まれながら、生きてゆく上で大きなブロックになっていたのです。

他者にとっては何気ないひと言だったかもしれませんが、本人にとってはとても深い心の傷となって、複雑に絡み合っていました。

ヒプノセラピーとの出会い

ヒプノセラピー(催眠療法)の養成講座の受講は私を大いに悩ませました。

ヒプノセラピーとは、セラピストがクライアントさまを催眠状態へと誘導し、潜在意識に眠るご自分とコミュニケーションをとるクライアントさまに寄り添い、ご本人が課題と向き合い解決してゆく心理療法です。

人前で〝声〟を発することが何より苦手だと言うのに「私どうしてこの講座を受講しているの?と困惑する私って・・一体何?」と思いながらも、潜在意識に触れる学びは楽しくて、のめり込んでゆくのです。

長い間、喉へのブロックがありましたが、ヒプノセラピーは取っ掛かりに過ぎず、その後も興味を抱くのは誘導がメインのものばかりでした。

その都度浮上した感情を癒す・・ブロック解除に繋がる道を無意識に選んでいたのですね。

過去世の記憶

ここでひとつの記憶をお話しますね。

鮮明に覚えている過去世のひとつに〝女性〟という立場と身分の差から、本当の想いを伝えられず、自分の心を圧し殺し、仕舞いには自身の命さえ絶った記憶があります。

「あんな想いは二度としない。二度としたくない。」「自分の気持ちに素直で在りたい。」「例え報われなくとも、愛をもって伝えられたなら後悔しない。」

これを魂の課題のひとつとして、生まれてきました。

〝現世〟での〝過去〟であれ、〝転生前〟の〝過去世〟であれ、人はそれらの経験から得られる知恵や知識を潜在的に記憶しています。

経験を活かすことで、より視野が広がり、多角的に物事を捉えられるようになると、人は自分らしい生き方を見つけやすくなります。

振り返ることは、時に辛さを伴うことがありますが、時間を経て見えてくるもの・感じるものは「今」に在るからこそ、受け入れられるのでしょうね。

いつでも「今」この瞬間が原点です。

喉のブロックを解除

今は伝える必要があることは、愛をもって伝えられるようになりました。例えその瞬間お相手に受け入れられないとしても、どう捉えるかは自由なのですから、誰かの反応に恐れることがなくなりました。

このブロックが解除されるまでに10年ほど掛かりました。〝10年〟という響きは長いですが、その時々の課題は小さな一歩の積み重ねだったので、ひとつひとつを乗り越えてゆくのに無我夢中で、あっという間でした。

声色は、成長と共に随分変わったようで、ハスキーだったことを信じてもらえません。両親にも言われますが、それってどうなのかしら?と思うのですけれど笑

綴ることは心の整理整頓

ところで。ブログはかれこれ18年程続けています。その時々のライフスタイル・ライフワークに直結する内容を綴ることで、〝今〟の心を〝整理整頓〟し、感情を〝手放す〟というのを繰り返してきました。

私のブログはセルフ・セラピーみたいなものなので、更新もまちまちですし面白さはないですが笑(←自分で笑うしかない) いつもお読みくださり、ありがとうございます。


そして。はじめに戻りますが・・

絵本の読み聞かせを通して、解き放たれた「今」の自分を感じられるのは、気づかせてくれた子ども達からのギフトだと思っています。

みんなありがとう。

寄せては返す波のよう

勤務時間調整のため、今年いっぱいはお休み多め。今日は仕事ですが、その前にちょっと綴ってみようかしら。

おかげさまで時間に余裕があって、自分に必要だなあ‥とか、これ好きだなあ‥ということにチャレンジ出来ています。

そうなの・・もしもあの時、前に進まなかったら、私に〝今〟はなかったなあ‥って、いつも思うのですよ。

私にとって〝見て見ぬ振り〟をすることは、自分に〝嘘〟をつくことで。それは自分への拷問でした。

子どもの頃、無条件に愛を注いでくれる‥それを疑いすら抱かなかった存在から〝嘘〟を強要された苦しみや、〝見て見ぬ振り〟された悲しみが、どれほど残酷か。その傷みを、私さえも見て見ぬ振りしていたのです。

出来るだけ触れないように、この感情が暴れ出さないように、子どもの頃から上手く閉じ込めていました。

数年前に身を置いた環境は、眠っていたその感情を刺激する場所でした。はじめからそうだった訳ではなくて、見せないように取り繕われていたし、私も目の前のことでいっぱいいっぱいだったのです。

ですが次第に〝見て見ぬ振りする私〟に抑圧された〝傷ついたままの私〟(インナーチャイルド)が泣きはじめました。

矛盾する〝顕在意識〟と〝潜在意識〟。

外側で起こる出来事は私を刺激し、それがサインとなって感情解放を促しはじめたのです。

人は、知らず知らずのうちに、さまざまな感情を背負ってしまっているのでしょうね。そして、なかなか気づきません。とても苦しいはずなのに・・苦しいからこそ〝心の声〟に耳を塞いでしまうのですね。

葛藤に押し潰されそうで、いよいよ崩壊寸前。落ちるところまで落ちると「もういいや!」なんて、半ば投げやりだったのか‥それとも空っぽになってしまったのか・・

思考フル回転しているうちは余裕がなくて真っ暗闇でしたが、潜在意識に揺ら揺らゆだねてみたら、手の内に光を見つけたのです。

解決策は至ってシンプルでした。孤独と疎外感は免れませんでしたが、後悔はありませんでした。どこか清々しささえ感じていましたから。

そして今から数ヶ月前、それまで築き上げてきた現実が崩れ落ちてゆくと共に〝その場所〟とはサヨナラしています。

私の役目はそこまででした。一切の関わりを絶ったのでその後は知りません。知る必要がないのでしょうね。

なぜかって、自分に必要な感情と向き合い、解き放つことが目的だったからです。

別の観点からこの問題に向き合おうとしていた人がいたとしたら、私はその人にとってはお題に火をつけて炎上させる〝脇役〟に過ぎなかった‥ということです。

私はたまたまその役どころが適任でした。この問題と向き合うことが、私自身の目的を達成するまでの過程に必要であったからです。

事実、火をつけたら1ヶ月後に立ち去っています。しかも、次なる目標を掲げて環境を変えています。

魂を成長させることが転生の理由なら、絶妙なタイミングで環境や状況、人に巡り合うように設定されているという訳です。

今回私は感情を昇華したことによって、次なるステージへと歩みを進めることが出来ましたが。

あの環境下において、その後もその場所で学びが必要な人もいるでしょう。誰かのサポートする役割がある人もいれば、今は抵抗している人もいるのでしょう。

すべては、自分が選んだ〝今〟です。必要であるから〝今〟に在ります。

〝抵抗〟は、気づけるまでの繰り返し起こる感情に過ぎません。

感情って、なんだか寄せては返す波のようですね。

ゆだねたら、きっと楽になります。

魂の観点から

先日の記事「インナーチャイルド 1.」 は、少々重めな内容になってしまいましたが・・今日は魂の観点から綴ってみますね。

魂は、今世生まれる前に、さまざまな計画を立てて、契約を交わして転生します。

私の場合は、両親のもとで育った環境がとても重要でした。魂の観点から捉えると、両親はとても辛い役割を担い、私の気づきを促す目的があったのです。

私には一種の衝撃が必要でした。本来誰しも無条件に愛されている存在でありますが、そこから浮上したものは〝闇〟でした。〝3次元に生きる私〟に闇を抱かせるのが、〝両親の魂〟にとっては、ひとつの役目だったという訳です。

〝私の魂〟は学びたくて望んだことでした。闇を知らなければ、光との統合は不可能だからです。

これ以上ない程に落ちてしまったとき、絶妙なタイミングで感情解放をサポートする人が現れたり。一見それが、どんなに酷く冷たい裏切りだと感じられたとしても、魂の次元では愛をもって背中を押してくれた人もいます。

ある人は、肉体という器から離れる時を目前にして、魂は永遠で在ることを教えてくれました。「pas á pas」

お互いが課題を乗り越える目的があって約束を交わし、今世出会っているということです。

計画はあくまでも計画であり、自由意思がありますから、その通りに事が運ぶとは限りません。躓くこともありますし、どこかで迂回することだってあるかもしれません。

ですがそれさえも、必要であるから経験します。

1度の経験で乗り越えられなかったときは、再び〝壁〟だと感じられる出来事や、そこから抱く感情の手放しに挑戦する機会が訪れます。今世クリアしなかった場合は、来世に持ち越して再び挑戦するという課題もあるのでしょう。

どの道を辿っても、そうすることがその人にとっての大切な学びの過程ですから、善悪を判断するものではありません。

これまでの私たちは、目に見える物事を判断してきました。それは永らくそのように受け継がれてきたのですから、致し方ないのかもしれません。

これからは、起こる事象を俯瞰することにより、気づく段階に在ります。見えないものに、意識を向ける次元に在るということです。

どちらかに傾くのではなく、すべてはバランスです。調和です。

そこに真実が在るのです。

インナーチャイルド 1.

〝家系のカルマ〟というのが、我が家にはありました。

代々受け継がれたこの呪縛は解かれることなく、同じ傷を負った者同士であった父と母は、利害や建前、体裁に重きを置き、条件つきの結婚をします。

傷みを抱えたままのふたりは、愛情を感じたくても、愛をどう与えればよいのか、どう受け取ればよいのかがお互いにわからず、更に傷つけ合うばかりでした。

やがて、何かの拍子に刺激される傷みは、子どもへと向けられ、それを当時は〝躾〟と呼びましたが、今で言う〝虐待〟というものでした。

そして、この連鎖は私へと繋がり、止めなければ終わらないことに気づいたのは、次女が2~3歳の頃でした。どうにもこうにもコントロールの効かない感情に襲われ、葛藤を抱くのです。

その頃、〝インナーチャイルド〟(内なる子ども)を知り、傷ついたままの幼い私が心に在ることを自覚します。

私は恵まれていたのだと思います。話を聞いてくれる人や、手を差し伸べてくれる人、インナーチャイルドについて詳しく教えてくれる人もいましたし、環境にも守られていたからです。

ではでは‥。だからと言って娘たちは、母親である私に傷つけられなかったのか?と言えば、そうではなかったと思います。

娘たちは、ある時はお姉さんのように、またある時は妹のように、私のインナーチャイルドに寄り添い癒してくれる存在でしたが、私は葛藤の最中〝無〟に徹して娘たちを寄せつけませんでしたので、心は傷つけていたと思います。

娘たちも大人になり、対等に話すようになると、思い出したかのように母親(私)へのさまざまな想いを打ち明けるのですが、それらすべてに耳を傾けて聴くように意識しています。それが娘たちにとっての感情解放に繋がると信じて、当時私が抱いていた気持ちも包み隠さず伝えるようにしています。

〝自分〟を乗り越えると、意識は社会へと向き始めました。たくさんの子どもたちに携わる仕事をしていると、感情表現が出来ずにいる子どもたちが実に多いことを知るのです。それに伴って、ソウルワークに繋がる生きる意味に気づくことが出来ました。

経験をもって寄り添うとは「今ここ」なのだな‥と、ようやく辿り着いたばかりです。

不思議なことに娘たちも、子どもに携わる仕事や進路を選択し取り組んでいるところですが、頼りになる先輩であり後輩のような関係を築いています。

今だからわかるのは、私の両親は愛情がなかった訳ではありませんでした。〝恐れ〟に支配され、表現の仕方がわからなかっただけでした。

両親はインナーチャイルドそのものだったからです。