唯一許したかった存在

新年度がスタートしました

春休み中は
怒涛の数日間を過ごしましたが

これからの生活に慣れるまでは
目の回る毎日が続きそう

色々な意味で流れが整うことを願って
今はその瞬間に向き合う日々です


最近子ども達に
「先生厳しくなった。」と言われることがあって

そうかな・・と思い返せば
確かにそうだわ・・と
納得なんです

「この人には怒られることはない。」
「何をしても大丈夫。」
そう思われていたのを知っていました

今に限らず
これまでの人との関わりもそうだったと思います

根底には
「嫌われたくない。」
という「孤独」を恐れる感情が見え隠れしていたにも関わらず
見て見ぬ振りしていたんです

「何故私は自分を表現出来ないんだろ。」
「私が私じゃないみたい。こんなの私じゃない。」

そう思うのは当然と言えば当然ですよね
だって
本来の自分に蓋をして
別の人格を演じていたようなものですもの

いい人のフリは
疲れます笑

ところが
インナーチャイルドと向き合い
自分軸を生き始めると
「伝える必要があるから伝える」が
出来るようになって

先日の記事にも書いたような
『「自分」が何処にもいない』という
宙ぶらりんな感覚が消えたんです

この変化と共に
これまでの状況も変わって行くのだろうなと
感じてはいましたが

そんな私を感じ取って
いつも側に居たのに離れて行った子がいます

「この人には怒られることはない。」
「何をしても大丈夫。」
私がそう思わせてしまった子達です

私はこの子達に教えられたんですね
「変化すると状況は変わる。」
「変わろうと意識したら、いつでも変われる。」
ということを

子どもから伝えられる
言葉のないメッセージは
大人から言葉で伝えられるより
ダイレクトです

先に書いた
恐れの感情に対して『見て見ぬ振りしていた』ですが・・
フッと記憶がよみがえり
今気づいたことがあります

以前の職場での現状を
見て見ぬ振りすることが出来ず
公的機関に投書したことがありました

今だから理解できます
あの現状は
私自身の心に起こっていたことそのものでした

あの場に居たどの人も「自分」だったんです

あの人は「あの時」の自分・・
この人は「もっと以前」の自分・・
魂の経験値によって記憶に在る全ての「自分」という認識で
「自分」を感じるのです


自分が自分を「見て見ぬ振りしていた」

自分を大切に出来ない「自分」に
怒りを覚えていたのですよね

そうして
頑なに拒絶しながらも
唯一許したかった存在

それは
「自分」でした

真実を生きると「個」が強調される

突然ですが

エッセンシャルオイルの「パイン」は
パイナップルではありません

「松」です^^

パインを初めて購入しようと決めたとき
パイナップルだと疑いもしなかったのは
何を隠そう私です笑

清々しい香りのパインは
呼吸器系に心地好く
心もリフレッシュしてくれるので
私は朝晩
芳香浴を楽しんでいます


表現する自由を奪っていたのは
自分自身だった・・
そう気づいたのは
数年前のことです

諭してくれる人がいましたが
「私に自由は無理だ。」
そう諦めていました

「あなたこそ不自由な渦の中から抜け出せずにいるんじゃない?」
そう感じたのは
私自身を映し出していたに他なりません

私が自分に与えられなかったのは
自己を表現する自由
自分軸を生きること

本来
自分の望みを与えられるのは
自分だけです


2月から3月は
それはそれは重たいエネルギーに押し潰されそうでした

このようなエネルギーに対して
様々な兼ね合いがあっての影響を
敏感なかたは感じていたかもしれません

私ももれなく
影響を受けていた1人でしたが

この重たいエネルギー
軽やかな「風の時代」には
纏ってはゆけません

ここを突破するべく
「必ず超えよう。」
そう決めて

選択を繰り返し
「今」ここに在ります

私にとって何層にも纏った重たいエネルギーとは
これまでに何度も向き合ってきた課題です

根底には
「誰かのためにならなければならない。」
「何かのためにそうしなければならない。」

他者から必要とされることに
自分の存在価値を見出し
これに縛られていました
自分が自分を縛っていたんですね

〜ねばならない思考・・

周波数
意識のズレを感じながらも
周囲や環境に無理に合わせては
最もらしい理由を並べて
一歩も動けない自分を作り上げていたんです

心と体
そして魂があべこべなのですから
それはもう疲れちゃいます

どちらかと言えば
人間関係に恵まれていましたが
どんなに周りに人がいても
賑やかで楽しい空間に居たとしても
「自分」がどこにもいないんです

得体の知れない孤独に襲われるほどの恐怖を
いつも味わっていました

周りの期待に応えられなくとも
どんなに反対されようとも

何かに抗っていようとも
それでもやっぱりどうしても譲れない

消し去ることなど出来ず
求めてやまない想いとは

自分にとっての「真実」なのでしょうね

新しい世界で
自分の「真実」を生きるとは
これまでの自分を脱皮して
生まれ変わるようなことかもしれません

自分軸を生きようと意識したときから
苦しむことがなくなります
傷つくことがなくなります

他人軸に振り回されることがなくなるからです

そして
自分軸が定着すると
ようやく周りを見渡すことが出来るようになります

真実に生きると「個」が強調されますが
孤独ではありません

人の感情やエネルギーに敏感で
周波数を感じ取っては
影響を受けてしまいやすく
「何だったら主張しない方がまるく収まるのかな。」
と自分を抑えては心が疲弊・・

と言うのは
以前の私ですが^^;

「パイン」というエッセンシャルオイルがもつエネルギーは
自己肯定感
自己表現
自分らしさをもって
コミュニケーション能力へと繋げてくれます

更に「境界線」をもって主張することの大切さを
「パイン」は気づかせてくれます

ブログを書くときは
まさにパインが必須アイテムの私です^^

この星に生きる役割(シダーウッド アトラス)

10年程前でしょうか
シダーウッドというエッセンシャルオイルに出会いました

森林浴が大好きなので
深い森に拡がる甘い香りに惹かれたのは
必然でした


嗅覚からの情報は
脳へスピーディーに
ダイレクトに伝わりますが

香りは人によって感じ方が違うので
好き嫌いがあります

同じ香りを嗅いでも
その日その時の気分や体調によっては
受け入れられたり
受け入れられなかったりする場合があります

エッセンシャルオイルには
心身への作用がありますから
とてもわかりやすく

「今」の自分を感じられるんです

ところで
瞑想ではグラウンディングを意識する時
過剰なエネルギーやネガティブなエネルギーを
大地へ流すイメージをしますが

グラウンディングに対して
ずっと抵抗を感じていた自分が在りました

「地球にネガティブなエネルギーを流すなんて!」
「出来る訳がない!」
「地球がかわいそうだよ・・」
などと思っていたのですよ
どこから目線だったのでしょ笑

実は
至って真剣でした^^

木々や草花のように地球に根付いて生きている感覚が
私にはありませんでした

「なぜ私はここに生きているの?」
と真剣に思っていた程です

これは
自分の「声」に気づく必要があるという
地球という星からのメッセージでした

地球に対する感情は
自分を映す鏡だったんですね

無理をして頑張っていた頃の自分です・・


「地球」は母性です
女性性であり
受容です

人間を含む生きとし生けるものの
痛みや悲しみ
苦しみを受け容れては
温かく包み込み
癒してくれます
そして
光を見いだす希望を齎らしてくれます

私たちは奇跡的に生かされているんですね
日常では意識することさえありません
それ程に
守られています

そんな地球の在り方は
今を生きる私たちには
とても必要です

『誰よりも何よりも「自分」』

一見すると
自分勝手な響きに聞こえるかもしれませんが

外側に求めるのではなくて

何よりも
自分が自分を求め
受け容れることが大切です

与えられた傷を受け止め
傷口の「声」をしっかりと感じて
抱きしめてあげてください
温もりを与え
癒してあげてください

ありのままの「自分」を受け容れることは
簡単なことではないと私は感じています
「こんなに醜い私。見たくもない。直視出来ない。」
それが本音ですもの・・

本音と言う小さな「声」に耳を塞いでしまうのは
頑張っているからです
頑張り過ぎてしまったんです

頑張らなくてもよいのですよ^^

唯一のあなたが「自分」の味方になってあげてください


肩の力を抜いて「軽やかに生きる」というのは
心地好いことです
「自分」がしっかりと地に足を着けているからこそ
好奇心のままにどんなに遠くへ飛んで行っても
いつでも「自分」に戻れます

戻れる場所
還る居場所が在るからこそ
自由で在れるのですね

自由で在れるのは
信じているからです

シダーウッドは
深いふかい呼吸と共に
手放し
吸収
循環を促し
グラウンディングをサポートする
心強い味方

地球に生きる役割を思い出させてくれた
私には愛してやまない香りです

「グラウンディングが弱いな。」
「地に足を着けて生きている感じがしない。」
そう感じられる方は
『シダーウッド アトラス』の香りがおすすめです

もちろん
その時の気持ちや体調を考慮してください
無理せずにです^^

「自分」に還る

昨年から
自己を高める必要を感じて
準備してきました

「選択したツールは正しかった。」
「進んだ先に間違いはない。」

そう信じながら
「なのに何かが引っ掛かる。何かが腑に落ちない。」

違和感を抱きながらも
「きっとこれがベストなんだ。」と
どこか自分に制限を掛けていました

わかっていたんです

そもそも
制限を掛けている感覚自体が
自分が求める領域への恐れでした

闇堕ちし、彷徨いながら自分探しの経緯は
コチラ→『自分を救うのは「自分」

顕在意識の抵抗に対して
魂は更に揺さぶり続けます

それでも目を逸らしていたので
自爆しちゃいました^^;

そうまでしないと
軌道修正が出来なかったんですね

堕ちるところまで堕ちたら
身をもって経験するしか道はありません

私の深い「傷」が理解していました

自分が癒すしかありません
自分しか癒せないんです

何度も何度もかすめては
目を逸らしていたそれこそが
本質であり
本性であり
生き甲斐であり

受容し
肯定して

求めてやまない領域に辿り着いた瞬間でした

暗闇を彷徨うさなか
「信頼」という
魂の繋がりを
実感しました

そこには
妥協も
依存もなく
形は存在しません

いつでも
「自分」しか在りません

覚醒を齎すのは「自分」なのです

すべては表裏一体

本質は同じなのに
自己表現は真逆を受け容れる学びを課題にしたのは
ワンネスを信じているからです

自分に還るのですね
「自分」に還るんです

自分を救うのは「自分」

大きな感情が浮上していました

窮地に追いやられ
鎧を纏った偽りの自分との対面に
ショックを隠せませんでした

自分のエネルギーが一瞬にして落ちてゆくのを
まざまざと突きつけられ
隠しようが無い程です

そこに追討ちを掛けるように
高次から的を得たキツいメッセージを受け取ってしまったら
粉々に砕け散るでしょう・・
それはもうモノの見事にです笑
(今は笑えるようになりましたよ^^)

そうである必要があったのですね
払拭するべく
ショック療法的な^^;


未完了の感情は
パターン化され
いつまでもいつまでも彷徨って
私を苦しめましたが

ご丁寧に
この時に
あらゆる点を合致させて
準備は着々と進められていたのですね

私を解放させ
シフトチェンジさせたのは
「アロマ」との繋がりと
連日見た「夢」でした

あんなに私を苦しめたアロマに
救いを求めていました
いいえ…アロマに苦しめられていたのではありませんよね
魂が記憶した感情が
タグ付けされていたに過ぎなかったんです
深いところを手放せていませんでした

選んだエッセンシャルオイルは
ジュニパーベリー
エレミ
スイートマジョラム
イランイラン
この4本でした

纏っていたネガティブなエネルギーを払い
ブレていた自分軸を立て直しました
魂の役割を再確認するべくハイヤーセルフと繋がり
蓋をしてきた女性性を解放し
サポートしてもらいました

アロマテラピーによる
浄化作用とヒーリングによって解放された私は
その夜から連日
夢を見ます・・

私にとって「夢」とは
窮地に追いやられた時
漠然としたヒントを与えてくれますが
そんな時は決まって
「神鏡」が登場するんです

1日目の夢では
「高次意識レベルで、真実を受け止めなさい。」
そうサインが送られました

夢は潜在意識です
神鏡は自分の魂を表しています

この領域では誤魔化しようがなく
魂本来の姿を隠しようがありません

2日目の夢では
一通の手紙を拾いました

それはある人物から私に宛てたものでした
文字は歪んで暗号化されていましたし
内容も思い出せませんが
夢の中の私は
励まされ勇気を与えられます

三次元で体験する感覚からは
かけはなれたものを齎され
この感覚こそが
転生を繰り返す目的なんだ・・
そう知りました

3日目の夢では
その人物が
まさに私をサポートしている姿が在りました

物理的な観点から捉えてみると
明らかに私は楽な移動手段であり
その人は決して楽とは言い難い移動手段でしたのに
距離感を崩すことなく一定を保って伴走してくれている・・
という言葉がぴったりでした

アクシデントにより私をかばって行き詰まった瞬間
それでも前進することを促されたんです
「自分は大丈夫だから。」と伝えられた時
心配になり戸惑いを隠せませんでしたが
「信じよう!」と切り替えた瞬間
目覚めました


大きな誤解をしていたことに気づきました

いつも
いつでもずっと
根底に潜んでいました

けれど
真実はそうではなかった

「自分」への自信と信頼に繋がったんです

魂本来の姿は
隠しようがありません

曖昧に濁されていたもの

必要な時に必要な情報は
浮き彫りになるのですね

それまでそこに
意識を向けていなかった訳ではありませんでしたが

共鳴出来る準備が整うと
「もう知っていいんだ。知ろう。」
そう直感するのです

曖昧に濁されていたものが
鮮明に展開されてゆき
理解する
腑に落ちるんです

シフトチェンジ真っ只中

この新年は
やたらと眠たくて
たいしてお腹も空かず
だからと言って体調がよろしくない訳でもなく
とにもかくにも
これは節目節目に起こる例のシフトチェンジ^^;
寝正月って言うのを満喫しました

昨日は家族揃って初詣に行って来ましたが
睡魔に翻弄されつつ
「お詣り以外は車から一歩も降りないからっ!」と宣言をして笑

これも自然な流れと言えばそうかもしれません
そうする必要があったから
出掛ける準備を始めたし
自ら車にも乗り込んだのですものね

御利益は食欲復活^^
日課のトランポリン・エクササイズはお休みしました


幼い頃から
神社への参拝や
神棚に手を合わせるのが好きで
誰に頼まれるでもなく
毎朝神棚にお水をお供えするのは
「私の役目なのだわ。」と信じて疑いませんでした

日常化していたものですから
我が家は神道なのだと思い込んでいたのですけれど
根付いていたのは私個人でありまして^^;
よくよく思い返してみれば
両親も姉妹もまったくと言って良い程に無関心でした

父方は先祖代々真言宗で
血筋を遡ると四国が本拠地らしいです
にも関わらず
それらしきものが曖昧だったのは
いつしか“身近”ではなくなったからなのかもしれません
“縁”が遠退いた・・と言いましょうか

よい意味で
私は自分らしい環境に身を置くことを
徐々に自分に許していったのだと感じられます
(このルーツは繰り返す転生から今に影響しているのですが
次の機会にでもお話ししますね)

魂がしっくりと心地好く在れるのならばそれが一番です

すべてにおいて
この先もそうで在ると信じられるのは
自分がそれを望んでいるのですから
もう叶うしかありません^^

今日は2021年初出勤でした

子ども達と遊んだゲームと言うゲームが
すべて惨敗・・もうホントびっくり笑
今年の“運”はまだまだたっぷりとあります♪

冬休みの関係で
しばらくお昼のお弁当持参が続きますが
基本出勤時間は遅めなので
ゆっくりと準備出来るのが嬉しい

パラダイムシフト

今週はお休みが続きました
勤務時間の調整も今年いっぱい
ゆったりまったり出来る今を満喫すべく

本を読んだり・・
エッセンシャルオイルをブレンドして
トリートメントオイルを作ってみたり・・
美容室でいつものメニューにプラスして
ヘッドスパして頂いたり・・

んーー
普段とあんまり変わりないかも

とにもかくにも
たっぷりリフレッシュを心掛けています

2020年もわずか・・
今感じていること
ボリューミーになっちゃいそうですが
綴ってみることにします

[もくじ]

  • 自分軸の確立
  • アクエリアス時代

自分軸の確立

精神性は
潜在的に目に見えない領域
「陰」であり

物質性は
顕在的に目に見える現実
「陽」であり

地球に生きている以上
二極性はついてまわります
だからと言って
囚われている訳ではありません

二極性を体験することにより調和を学びたくて
自らここへ生まれて来ました

魂の経験値によって覚醒の進度は様々であり
その時々に必要な学びは其々のステージで体験しますが

精神性と物質性のバランスが取れると
現実社会の現状や流れを
心の眼で多角的に視ることが出来るようになり
振り回されることがなくなります

これから迎える時代の波に乗るために
揺らぐことのない「自分軸」の確立がとても大切です

アクエリアス時代

2020年
冬至の頃

占星術的に
20年に1度の現象である
グレート・コンジャンクションが水瓶座で起こり
更に約240年に1度だけエレメントが変わるミューテーションを迎え
物質的豊かさに重きを置いた「土の時代」から
情報の豊かさや精神性・叡智を拡めてゆく「風の時代」へと変わります

宇宙のサイクルとしては
2000年続いた「魚座の時代」から
「水瓶座の時代」へと本格的に変わります

これから始まる「水瓶座の時代」とは
個性・平等・平和・自由・宇宙・心・精神・意識
無条件・無償の愛・コミュニケーション・創造・自立
受け入れ共鳴し合う横との繋がり

女性性の要素が強いです

そしてこれまでの「魚座の時代」とは・・
支配・対立・競争・奪い合い・権力・執着・依存
物質・条件付きの愛・他者在りきの評価・我慢・忍耐
見返りを求める利害関係

男性性の要素が強いです

これらは発展をもたらせましたが
苦しさもありました

ですが私たちは
たくさんの恩恵も受けています

移り変わりの真っ只中
世界規模で起こる様々な事象を通して
誰もが問われています

そして今この時
これまでの経験があったからこそ
これからの時代を生きる“気づき”という宝物を
見つけられるはずです
既に見つけた人もいるはずです

最近のことです
娘たちと


「拘りや執着を手放してフレキシブルに生きられたら、
新たな道を開拓できるよね。」

「外側に求めるばかりではなくて、
自ら方向転換する勇気が必要なんじゃないのかな。」


そんな会話をしました

ふたりの娘は側から見ていて
息苦しさを感じながらも
臨機応変に生きてきた様子ですが
新しい時代の要素を活かす術を
潜在的に知っているのでしょうね
だとしたら
待ちに待った時代の到来なのかもしれません

大転換期を迎える今に生きる私たち
「今」が在るのは誰のせいでもないんです

魂は・・
つまりは誰もが
チャレンジャーですから^^
それに尽きるのです

抗えないのです

失ってはいませんよ

柔軟に生きることを
ご自分に許してあげてくださいね

プリンを前に青空を想ふ

エネルギーのシフトチェンジが起こるときの
あれは
本来の自分の声に沿って生きよう
そう決めた瞬間
分厚い雲の中を突破するような
その先に広がる青空みたいな
そんなふうだったな‥って

キッシュとか
プリンをいただきながら

大好きなカフェにて想ふ
Photo by HaLu

赦す器

そろそろシフトチェンジする準備が出来た頃、〝揺さぶり〟というのがあります。

「あなたの覚悟、本物ですか?」と言わんばかりに、乗り越えるべく1番弱い部分を突いてくる。

目を逸らすか、それとも向き合うか。選択が迫られるのです。

「すべては自由意志のもとである」というのは、宇宙のやさしさを感じます。厳しさでもあるのでしょう。

弱い自分を受け入れるというのは、自分を赦す自由を与えることです。

自分を赦せる人は、弱さに潜む恐れと向き合い、昇華させる強さを持っています。

その強さは、人を赦す器を育みます。

人を赦せず苦しいならば、何より自分を赦せずにいるということです。弱さと向き合う必要があるということです。

経験から見いだす積み重ねが「今」を創造します。