唯一許したかった存在

新年度がスタートしました

春休み中は
怒涛の数日間を過ごしましたが

これからの生活に慣れるまでは
目の回る毎日が続きそう

色々な意味で流れが整うことを願って
今はその瞬間に向き合う日々です


最近子ども達に
「先生厳しくなった。」と言われることがあって

そうかな・・と思い返せば
確かにそうだわ・・と
納得なんです

「この人には怒られることはない。」
「何をしても大丈夫。」
そう思われていたのを知っていました

今に限らず
これまでの人との関わりもそうだったと思います

根底には
「嫌われたくない。」
という「孤独」を恐れる感情が見え隠れしていたにも関わらず
見て見ぬ振りしていたんです

「何故私は自分を表現出来ないんだろ。」
「私が私じゃないみたい。こんなの私じゃない。」

そう思うのは当然と言えば当然ですよね
だって
本来の自分に蓋をして
別の人格を演じていたようなものですもの

いい人のフリは
疲れます笑

ところが
インナーチャイルドと向き合い
自分軸を生き始めると
「伝える必要があるから伝える」が
出来るようになって

先日の記事にも書いたような
『「自分」が何処にもいない』という
宙ぶらりんな感覚が消えたんです

この変化と共に
これまでの状況も変わって行くのだろうなと
感じてはいましたが

そんな私を感じ取って
いつも側に居たのに離れて行った子がいます

「この人には怒られることはない。」
「何をしても大丈夫。」
私がそう思わせてしまった子達です

私はこの子達に教えられたんですね
「変化すると状況は変わる。」
「変わろうと意識したら、いつでも変われる。」
ということを

子どもから伝えられる
言葉のないメッセージは
大人から言葉で伝えられるより
ダイレクトです

先に書いた
恐れの感情に対して『見て見ぬ振りしていた』ですが・・
フッと記憶がよみがえり
今気づいたことがあります

以前の職場での現状を
見て見ぬ振りすることが出来ず
公的機関に投書したことがありました

今だから理解できます
あの現状は
私自身の心に起こっていたことそのものでした

あの場に居たどの人も「自分」だったんです

あの人は「あの時」の自分・・
この人は「もっと以前」の自分・・
魂の経験値によって記憶に在る全ての「自分」という認識で
「自分」を感じるのです


自分が自分を「見て見ぬ振りしていた」

自分を大切に出来ない「自分」に
怒りを覚えていたのですよね

そうして
頑なに拒絶しながらも
唯一許したかった存在

それは
「自分」でした

真実を生きると「個」が強調される

突然ですが

エッセンシャルオイルの「パイン」は
パイナップルではありません

「松」です^^

パインを初めて購入しようと決めたとき
パイナップルだと疑いもしなかったのは
何を隠そう私です笑

清々しい香りのパインは
呼吸器系に心地好く
心もリフレッシュしてくれるので
私は朝晩
芳香浴を楽しんでいます


表現する自由を奪っていたのは
自分自身だった・・
そう気づいたのは
数年前のことです

諭してくれる人がいましたが
「私に自由は無理だ。」
そう諦めていました

「あなたこそ不自由な渦の中から抜け出せずにいるんじゃない?」
そう感じたのは
私自身を映し出していたに他なりません

私が自分に与えられなかったのは
自己を表現する自由
自分軸を生きること

本来
自分の望みを与えられるのは
自分だけです


2月から3月は
それはそれは重たいエネルギーに押し潰されそうでした

このようなエネルギーに対して
様々な兼ね合いがあっての影響を
敏感なかたは感じていたかもしれません

私ももれなく
影響を受けていた1人でしたが

この重たいエネルギー
軽やかな「風の時代」には
纏ってはゆけません

ここを突破するべく
「必ず超えよう。」
そう決めて

選択を繰り返し
「今」ここに在ります

私にとって何層にも纏った重たいエネルギーとは
これまでに何度も向き合ってきた課題です

根底には
「誰かのためにならなければならない。」
「何かのためにそうしなければならない。」

他者から必要とされることに
自分の存在価値を見出し
これに縛られていました
自分が自分を縛っていたんですね

〜ねばならない思考・・

周波数
意識のズレを感じながらも
周囲や環境に無理に合わせては
最もらしい理由を並べて
一歩も動けない自分を作り上げていたんです

心と体
そして魂があべこべなのですから
それはもう疲れちゃいます

どちらかと言えば
人間関係に恵まれていましたが
どんなに周りに人がいても
賑やかで楽しい空間に居たとしても
「自分」がどこにもいないんです

得体の知れない孤独に襲われるほどの恐怖を
いつも味わっていました

周りの期待に応えられなくとも
どんなに反対されようとも

何かに抗っていようとも
それでもやっぱりどうしても譲れない

消し去ることなど出来ず
求めてやまない想いとは

自分にとっての「真実」なのでしょうね

新しい世界で
自分の「真実」を生きるとは
これまでの自分を脱皮して
生まれ変わるようなことかもしれません

自分軸を生きようと意識したときから
苦しむことがなくなります
傷つくことがなくなります

他人軸に振り回されることがなくなるからです

そして
自分軸が定着すると
ようやく周りを見渡すことが出来るようになります

真実に生きると「個」が強調されますが
孤独ではありません

人の感情やエネルギーに敏感で
周波数を感じ取っては
影響を受けてしまいやすく
「何だったら主張しない方がまるく収まるのかな。」
と自分を抑えては心が疲弊・・

と言うのは
以前の私ですが^^;

「パイン」というエッセンシャルオイルがもつエネルギーは
自己肯定感
自己表現
自分らしさをもって
コミュニケーション能力へと繋げてくれます

更に「境界線」をもって主張することの大切さを
「パイン」は気づかせてくれます

ブログを書くときは
まさにパインが必須アイテムの私です^^

自分が自分を幸せにする力

エッセンシャルオイルの香りには
さまざまな物語があります

植物に関わる歴史は古代にまで遡りますが
この自然療法は
人々の身近にあり
親しまれ
愛されてきました

関わり方は十人十色
多岐に渡ります

植物本来の姿や抽出部位から連想させる
グラウンディングやセンタリングへの意識を高めたり

潜在意識に眠る本来の自分と向き合うために
自ら覆った殻を解かすヒントを与えてくれたり

クリスタルやチャクラと繋がる色と共鳴して
エネルギーのクリアリングやチャージをサポートするなど

これらは
セルフヒーリングやセッションなどに活用する
私が好きな自己表現の一部分でもあります^^

その時に必要だと感じて
手にしたエッセンシャルオイルが
気づきを齎らし
導いてくれることがあります

例えば
香りを嗅ぐ以前の段階になりますが

ムエットに一滴垂らそうとして
一気に数滴
滴り落ちてしまうことがあります

そんな時は
「よっぽど今の私に必要なんだな・・」
「精油が教えてくれたのだな。」
そう感じるんです^^

「もったいない。」より
「必要なんだ。」
そう捉えるようになった頃から
自分が満たされてゆくのを
感じられるようになりました

顕著にあらわれたのは「ネロリ」でしょうか

その頃は
インナーチャイルドセラピーについての学びのピーク時でした

心理療法の学びは
自分癒しに繋がります
学びながらとことん向き合わされ
心の傷口が剥き出しになり
シクシク痛むんですが

「ネロリ」は
思い込みに縛られ動けずにいる大人の自分と
何ものにも囚われることのない自由で純粋な自分が同居しているのを
気づかせてくれた香りです

傷だらけになって立ち止まったままの自分と
ありのままを受け容れられる自分をサポートし
あらゆる「色」を持ち合わせた自分らしさを結びつけることで
「ひとつ」だったことを思い出させてくれます

根底にはインナーチャイルドの癒しが必要だと感じていたので
どんな自分も赦すことに意識するよう
促されていたんですね


いつもいつも

目には見えない香りから
インスピレーションを受け取って
ハートの海に広がるイメージを抱くんです

そうして
自分の本質(エッセンス)と
エッセンシャルオイルのエネルギーが
螺旋を描くようにひとつになるのです

「自分」に還る

昨年から
自己を高める必要を感じて
準備してきました

「選択したツールは正しかった。」
「進んだ先に間違いはない。」

そう信じながら
「なのに何かが引っ掛かる。何かが腑に落ちない。」

違和感を抱きながらも
「きっとこれがベストなんだ。」と
どこか自分に制限を掛けていました

わかっていたんです

そもそも
制限を掛けている感覚自体が
自分が求める領域への恐れでした

闇堕ちし、彷徨いながら自分探しの経緯は
コチラ→『自分を救うのは「自分」

顕在意識の抵抗に対して
魂は更に揺さぶり続けます

それでも目を逸らしていたので
自爆しちゃいました^^;

そうまでしないと
軌道修正が出来なかったんですね

堕ちるところまで堕ちたら
身をもって経験するしか道はありません

私の深い「傷」が理解していました

自分が癒すしかありません
自分しか癒せないんです

何度も何度もかすめては
目を逸らしていたそれこそが
本質であり
本性であり
生き甲斐であり

受容し
肯定して

求めてやまない領域に辿り着いた瞬間でした

暗闇を彷徨うさなか
「信頼」という
魂の繋がりを
実感しました

そこには
妥協も
依存もなく
形は存在しません

いつでも
「自分」しか在りません

覚醒を齎すのは「自分」なのです

すべては表裏一体

本質は同じなのに
自己表現は真逆を受け容れる学びを課題にしたのは
ワンネスを信じているからです

自分に還るのですね
「自分」に還るんです

パラダイムシフト

今週はお休みが続きました
勤務時間の調整も今年いっぱい
ゆったりまったり出来る今を満喫すべく

本を読んだり・・
エッセンシャルオイルをブレンドして
トリートメントオイルを作ってみたり・・
美容室でいつものメニューにプラスして
ヘッドスパして頂いたり・・

んーー
普段とあんまり変わりないかも

とにもかくにも
たっぷりリフレッシュを心掛けています

2020年もわずか・・
今感じていること
ボリューミーになっちゃいそうですが
綴ってみることにします

[もくじ]

  • 自分軸の確立
  • アクエリアス時代

自分軸の確立

精神性は
潜在的に目に見えない領域
「陰」であり

物質性は
顕在的に目に見える現実
「陽」であり

地球に生きている以上
二極性はついてまわります
だからと言って
囚われている訳ではありません

二極性を体験することにより調和を学びたくて
自らここへ生まれて来ました

魂の経験値によって覚醒の進度は様々であり
その時々に必要な学びは其々のステージで体験しますが

精神性と物質性のバランスが取れると
現実社会の現状や流れを
心の眼で多角的に視ることが出来るようになり
振り回されることがなくなります

これから迎える時代の波に乗るために
揺らぐことのない「自分軸」の確立がとても大切です

アクエリアス時代

2020年
冬至の頃

占星術的に
20年に1度の現象である
グレート・コンジャンクションが水瓶座で起こり
更に約240年に1度だけエレメントが変わるミューテーションを迎え
物質的豊かさに重きを置いた「土の時代」から
情報の豊かさや精神性・叡智を拡めてゆく「風の時代」へと変わります

宇宙のサイクルとしては
2000年続いた「魚座の時代」から
「水瓶座の時代」へと本格的に変わります

これから始まる「水瓶座の時代」とは
個性・平等・平和・自由・宇宙・心・精神・意識
無条件・無償の愛・コミュニケーション・創造・自立
受け入れ共鳴し合う横との繋がり

女性性の要素が強いです

そしてこれまでの「魚座の時代」とは・・
支配・対立・競争・奪い合い・権力・執着・依存
物質・条件付きの愛・他者在りきの評価・我慢・忍耐
見返りを求める利害関係

男性性の要素が強いです

これらは発展をもたらせましたが
苦しさもありました

ですが私たちは
たくさんの恩恵も受けています

移り変わりの真っ只中
世界規模で起こる様々な事象を通して
誰もが問われています

そして今この時
これまでの経験があったからこそ
これからの時代を生きる“気づき”という宝物を
見つけられるはずです
既に見つけた人もいるはずです

最近のことです
娘たちと


「拘りや執着を手放してフレキシブルに生きられたら、
新たな道を開拓できるよね。」

「外側に求めるばかりではなくて、
自ら方向転換する勇気が必要なんじゃないのかな。」


そんな会話をしました

ふたりの娘は側から見ていて
息苦しさを感じながらも
臨機応変に生きてきた様子ですが
新しい時代の要素を活かす術を
潜在的に知っているのでしょうね
だとしたら
待ちに待った時代の到来なのかもしれません

大転換期を迎える今に生きる私たち
「今」が在るのは誰のせいでもないんです

魂は・・
つまりは誰もが
チャレンジャーですから^^
それに尽きるのです

抗えないのです

失ってはいませんよ

柔軟に生きることを
ご自分に許してあげてくださいね