共鳴

札幌の春は
強風の日が多くて

乱れそうになる気持ちを振り切って
ずんずん逆風に立ち向かって歩きます

目的地に着いた頃には
髪はぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃになった髪を
敢えてクシャクシャっとパラパラさせて
整えられるところ気に入っていますが

強風はやっぱり苦手
ぽかぽか陽気が恋しい

「これでよかったの?」
とか
「どう思ったの?」
とか
想いがぐるぐる巡って身動きが取れないのは
決まって他人軸で生きている時

ぐるぐるの中心へと
深く深く沈んでゆきながら
暗い海底に足が着きそうになった瞬間
その答えを
「ぽんっ!」
と受け取ることがあるんです

沈んでゆく時
潜在的に
「求める」のだと思います
「呼ぶ」のかもしれません

そして
いつも助けられている

これが
結構な確率で起こることに気づいた頃
実は怖くなったんですが・・

いつしか
「信じてみようかな」が
「信じる」になったんです

「ぽんっ!」というのが
その時の私にわかりやすく教えてくれますが
ある時から
その大半が歌詞にありました

それは決まって
初めて聴く曲で

知りたかった情報が詰まっているんです
まるっと丸ごとだったりする時もあります

一瞬時が止まるのは
驚きもあるけれど
「ピンポイント」に怖くなるからで

コレ
ハッ!として
心臓が止まりそうになりますから
相変わらず慣れませんが笑

「あ。きた!」
そう・・これが直感なのですね

そして

挫けそうになって
諦めようとしていたのに

糸口を見つけられて
励まされ
勇気が湧くんです

「何を迷っているの?」
と優しく背中を押されます

揺らいでいた自分軸に戻り
再びその先に在る光を目指すんです

腑に落ちます

ああ・・
また助けてもらいました

現実世界を具現化するのは
意識の世界です
イメージを求めて
創り上げてきた

どちらも必要であり
バランスなのですね

メッセージや
ある種のテレパシーとは

複雑にしません
遠回りしません
思考を働かせる余裕など与えないんです

ダイレクトに
ハートに共鳴します

これ
魂の本質なのですよね

人間ですから
時に迷って
立ち止まります
かっこわるくて
人には見られたくない姿かもしれません

ですが
弱さを認めるのは
自分にとって
とても大切なことだと感じるんです

突破口になるからです

本質を生きよう
そう意識するならば

何ものにも譲れない
大切にあたためている道標を
この先も
見失うことは無いのでしょうね

自分を信じて
今を歩いてゆけます

そう生きられたなら
全う出来たなら
この世を卒業する時
きっと私は幸せ

話すって「放す」

あっという間に
4月は駆け抜けて
もうすぐ5月

月日とか
時間とか
有って無いみたいに過ごしていましたから

これ
置いてきぼりくっているのか
全速力で走っているのか

わからなくなります

どんどん当たり前になっていましたから
考える余裕
ありませんでしたが

こうして
気持ちを文字に起こしてみると
「いつ落ち着くの?」
とやっぱり考えちゃいます

「早く落ち着いておくれ!」
という切なる願いは否めません

新しい環境を迎えて
落ち着かずにいるのは
大人のみならず
子どもたちも同じで

特に
3、4年生の女の子の心の不安定さを感じる
この1ヶ月

しっかりしている子ほど
そう見受けられます

甘えたい気持ちを
どこへ落とし込めばよいのか

何気ない会話に隠された本音を
見逃さずにはいられません

話すって「放す」ですから^^
少しでも心が軽くなることを願っています

曖昧に濁されていたもの

必要な時に必要な情報は
浮き彫りになるのですね

それまでそこに
意識を向けていなかった訳ではありませんでしたが

共鳴出来る準備が整うと
「もう知っていいんだ。知ろう。」
そう直感するのです

曖昧に濁されていたものが
鮮明に展開されてゆき
理解する
腑に落ちるんです

手放して初めて気づく想い

小樽運河 2018年1月
CONTAX Aria
CarlZeiss Planar50mm/F1.4

今週はお空が荒れ模様・・などという情報を入手していましたが
昨日は日差しがこぼれて穏やかでした
今日はお休みなのでゆっくり過ごしています

・・にしても
冷えます

職場は換気のため常に窓を開けていますので
昨日はブルブル震えていました
明日は更に重ね着必要そう


一度は手放したフィルムカメラがありました
CONTAX Ariaの光と空気感をとらえる雰囲気が大好きだったのに
どうして手放しちゃったの?私・・
なんて思っていたんです

強いて言えば
頑丈さと実用性を優先した結果でした
けれど
感覚で生きる私には
“雰囲気”は必要不可欠だったのですよね
手放して初めて気づく想いです・・

ところが

今は中古しかなく
人気があって入手困難にも関わらず
新年早々出会ってしまったっ!

いつもどこかに引っ掛かっていたんです・・
何気無く検索してしまった!
睡魔に襲われていた中の目覚めた一瞬に
(もしかして寝ぼけていたのかしら笑)

それは
あらゆる点から私を納得させる奇跡的な状態のもの
なのにお安く購入出来ちゃった・・☆

現物を手にしてみると
ファインダー内の視界はクリアで良好
本体に大きな傷も無くスレ程度
そして実は以前の個体って
まさかまさかの故障していたことが判明・・嘘でしょ?(本当です)
こちらのこの状態が完動品だったのね!

以前にも増して楽しめるような完動品が
後々手元に届くためには
一年半前に手放す必要があったのですね
確かに・・
有るなら必要ありませんでしたもの

このままキープ出来るように大切にしよう!と
ココロに誓いました

本体のラバー部分が劣化しやすいので
エバレディケースをフルオーダー予定
素晴らしい志しの職人さんに巡り会いましたし
末永く愛用したいので妥協はしません^^
製作者目線が消えないので事細かくてゴメンナサイ・・なのですが
只今サンプル素材が到着するのを待っているところです

小樽堺町通り「くぼ家」2018年1月
CONTAX Aria
CarlZeiss Planar50mm/F1.4


来週と再来週の数日
ヘルプ勤務の要請があって
勤務先以外へ出勤することになりました

居住地域ではありますが若干不便
雪が無ければ自転車でひとっ飛びなのですけど・・
そちらはさて置き
初めて出会う子ども達に
今からワクワクしています

組織であっても
その地域や勤務地の「色」というのが其々あることを
以前職場の先輩から聞いていました
私にとっては娘達の子ども時代を知る良い機会でもあります
世代はちょっぴり違いますが
地域の子ども達に触れられる
こんな機会に恵まれたことがとっても嬉しい

シフトチェンジ真っ只中

この新年は
やたらと眠たくて
たいしてお腹も空かず
だからと言って体調がよろしくない訳でもなく
とにもかくにも
これは節目節目に起こる例のシフトチェンジ^^;
寝正月って言うのを満喫しました

昨日は家族揃って初詣に行って来ましたが
睡魔に翻弄されつつ
「お詣り以外は車から一歩も降りないからっ!」と宣言をして笑

これも自然な流れと言えばそうかもしれません
そうする必要があったから
出掛ける準備を始めたし
自ら車にも乗り込んだのですものね

御利益は食欲復活^^
日課のトランポリン・エクササイズはお休みしました


幼い頃から
神社への参拝や
神棚に手を合わせるのが好きで
誰に頼まれるでもなく
毎朝神棚にお水をお供えするのは
「私の役目なのだわ。」と信じて疑いませんでした

日常化していたものですから
我が家は神道なのだと思い込んでいたのですけれど
根付いていたのは私個人でありまして^^;
よくよく思い返してみれば
両親も姉妹もまったくと言って良い程に無関心でした

父方は先祖代々真言宗で
血筋を遡ると四国が本拠地らしいです
にも関わらず
それらしきものが曖昧だったのは
いつしか“身近”ではなくなったからなのかもしれません
“縁”が遠退いた・・と言いましょうか

よい意味で
私は自分らしい環境に身を置くことを
徐々に自分に許していったのだと感じられます
(このルーツは繰り返す転生から今に影響しているのですが
次の機会にでもお話ししますね)

魂がしっくりと心地好く在れるのならばそれが一番です

すべてにおいて
この先もそうで在ると信じられるのは
自分がそれを望んでいるのですから
もう叶うしかありません^^

今日は2021年初出勤でした

子ども達と遊んだゲームと言うゲームが
すべて惨敗・・もうホントびっくり笑
今年の“運”はまだまだたっぷりとあります♪

冬休みの関係で
しばらくお昼のお弁当持参が続きますが
基本出勤時間は遅めなので
ゆっくりと準備出来るのが嬉しい

2020年も残すところ僅か

今年もInstagramにBest nineをpost

大好きなフィルムカメラを持って出掛けることが
殆どありませんでしたが
来年は心ときめく一瞬に出会えますように・・


先週末が仕事納めでした
お休みがたっぷりとありますので
新年を迎える準備がゆっくりと出来ます

とは言っても
大掃除らしいお掃除をするでもなく
普段と変わりなく済みそう・・
今年1年“断捨離祭り”でしたから笑

夏頃から
勤務時間調整のためお休み多めでしたが
1月からは元に戻ります

で。
「さてさて。来月のシフトでも確認しましょ♪」
とバッグの中を覗いてみたら・・
無いっ!無いよ〜泣

職場に新しい勤務表を忘れてしまったという失態!

昨日の朝
頃合いを見計らって職場へ行って来ましたが・・

子ども達の朝のお顔は新鮮でした
早起きした甲斐ありました^^
勤務表忘れてよかった〜笑


先日次女が
大学の合格通知を受け取りました

肩の荷がおりました〜^^;

新たな流れに身をまかせる

「これからの人生、こんなふうに歩みたいな。」
そうイメージしたのは1年程前でした。

当初は“土台”があって
そこに積み上げてゆくことしか
考えていませんでしたが

築き上げてきたものが崩れたことと
社会の流れも影響して
新しい環境のもと
時間を与えられ
ここで新たな土台作りを始めることになります

崩壊も
これからの再生も
必然だったのだなあ・・

そう思わずにはいられません

だって
断然自分らしい道のりを歩んでいるのですもの

“土台”がある程度出来上がったところで
自分にチャンスを与えるタイミングが巡って来ました
ここを突破しないことには先へは進めません

スケジュールを立てて
こなしてゆくのは苦手なほうなので
それはもう
随分とまあサボりました
おおいにサボりました
再び取り組み直したのは1週間前ですから
学生の頃と何ら変わりないなあ・・と改めて思う
いわゆる試験勉強せず全然関係のないことして現実逃避
そこんとこ成長出来ていないわ・・トホホ

ですが
僅かな期間であれ集中出来たことで
望む結果を得られました!・・と共に脱力・・
寝不足から解放される
眠れることが何より幸せ・・
そう感じられるのも
諦めなかったことが大正解だったから

ようやく
1年前に描いた夢のスタートに立てました

がんばったね
自分を褒めちゃいます!

Photo by HaLu

次なるステップアップは
システムの関係上
3ヶ月程先になります

そして今週から
インナーチャイルドセラピーについて
深く学びます

表面化した現実から目を逸らさない

今朝の札幌
何もかもを洗い流してくれるような
浄化の雨が降りました

耳を澄ませば
雨音の心地好さと共に
潜在意識の領域に入ってゆけそう

時間が経つにつれて青空は広がり
空気が澄んで気持ちが好いです

何処かに虹がかかっているかもしれない
そう思うと幸せな気持ちになります


「今」において
生きることに辛さを感じている人が
たくさんいるのを感じています

エネルギーに敏感なかたですと
「今」がこれまでの枠組みを融解していること
殻を破って「今」まさに変化を受け入れようとしていること
飛び立つ準備が整っていたり
既に新たな領域で生きていることを
感じ取られているかと思います


“自立”とは
自分と向き合うことにより”自分”を知り
自分の一部である光と闇を受け入れ自己統合し
本来の自分が望む現実的な使命に取り組む
これが自分自身の”自立”です

3次元的な枠に組まれた
経済的なこと
自活すること
社会的なこと
これらは
自分自身の”自立”のあとからついてくるものです

いくら外側を取り繕っても
中身が空っぽでは
行き詰り
何かしらの障害が生じるものです

Photo by HaLu

自分軸を生きよう
生きてゆきたい

そう思えば思うほどに
これまで当たり前だと受け継がれてきた
他者在りきの評価や条件付きの愛に
苦しさを感じるようになります

変化の時は
苦しさや辛さを伴うものです
孤独や疎外感を抱くかもしれません

ですが
そろそろ”卒業”する時を迎えている・・
自分にとって喜ばしいこの感覚を
受け入れられると
一歩を踏み出す勇気が湧いてきます

“ありのままの自分”を表現することは
“わがまま”ではありません

立ち止まったままでは
何も始まりません

それぞれの在り方

Photo by HaLu

毎年恒例、家族で美瑛日帰りツアー。

このご時世・・というのもありますが、今年は「撮りに行きたい!」という熱が冷めたみたい。予定を立てていません。

けれど。日帰りバスツアーなんてあったら、ひとりで行ってみたかったりする。

今はひとりを楽しみたいのだわ私。


娘たちが幼い頃は〝夫婦は一緒〟〝家族はいつも一緒〟みたいなところがありましたが、ここ数年でそれぞれの在り方が少しずつ変化して、今は自分自分を大切に生きています。

親の私たちは成長する機会を与えられたのだろうなあ。どこか凝り固まった観念がありましたから・・良い意味で、娘ふたりはぶち壊してくれたのですね。

ある〝境界線〟を突破した感。

無きにしも非ず。です。